気になる臭いは脱臭でスッキリ|業者依頼で部屋を綺麗にしよう

婦人

掃除が出来ない時の対処法

掃除用具

孤独死は社会問題になっていますが、孤独死は一人暮らしをしている人が何らかの理由で部屋の中で亡くなってしまい、異臭などがすると言った近隣住民からの苦情などにより発見されるケースが多いと言います。

View Detail

優良業者を依頼

掃除する女性

遺体があった場所の掃除というのは、通常の掃除と違って専門技術が必要になります。プロに依頼することで、特殊清掃をしてもらうことができます。消臭や特殊清掃の技術力が高い業者に依頼することが大切です。

View Detail

掃除は奥深い

作業者

飲食店やコンビニやスーパーマーケットなど、飲食店での清掃の仕事は主に深夜に行なわれるため、昼夜逆転になる可能性があります。掃除のお仕事といっても慎重に綺麗にすることが大切となります。

View Detail

業者へ依頼しよう

清掃する女の人

遺体のあった部屋の掃除

近年、核家族化が進んだことで老人の孤独死が増えています。また、それと同時に自殺も少なくはありません。一人暮らしの場合は発見が遅れてしまうケースが多く、遺体が腐敗して蛆が湧いたり、体液が漏れ出したり、悪臭を放ったりします。遺体の処理は流石に行いませんが、残された部屋の掃除は全て遺族に任されるため、部屋をどうにかしないことには気持ちが休まる日は来ないでしょう。また、持家の場合は解体してしまうことも可能ですが、賃貸の場合は原状回復をする義務があるため、元通りにして返さなくてはなりません。しかし素人では到底、掃除できる状態ではないため、ここでは特殊清掃に作業を依頼します。特殊清掃は専門的な知識と技術を用いて、体液の処理、害虫駆除、脱臭、消毒、遺品整理などを行い部屋の状態を回復させてくれるでしょう。

平均的な価格はいくら

特殊清掃は特別な清掃作業になるため、多少の費用がかかります。気になるのは価格ですが、汚損状態、亡くなった場所、掃除の内容、部屋の広さなど諸々の条件によって異なるでしょう。ただ、そんな中でも特殊清掃平均的な価格を確認してみると、腐敗体液や汚物の処理は2万円〜25万円、害虫駆除は1万5千円〜10万円、脱臭・消毒は2万円〜15万円ほどとなっているようです。全体的な相場としては3万円〜10万円ほどで掃除をしてもらえるケースが多いようですが、部屋の広さによってはそれ以上かかります。例えば、1Rや1DKなら3万円〜10万円前後、1LDKや2LDKなら5万円〜25万円前後と伸していきます。いずれにしても状況によるので見積もりを取ってから決めましょう。